読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Abnormality - Bass Fishing -

堺市在住の変態バスアングラーによる活動記録

初スモール

tactics

≪フィールド≫ 兵庫県中規模リザーバー

≪スタイル≫  フロートボート

≪タックル≫  5本

f:id:abnormality:20160605214504p:plain

今回のミッションは、表題の通りスモールマウスバスをゲットするべく兵庫県にあるとあるリザーバーに赴こうかと考えています。釣ったことないんでどんな食い方をして、どんなルアーが効くのかわからない中、ライトリグ中心でタックルをチョイス。当日は、雨風がきついとの予報がどのように釣果を左右するのかわからないが、色々試してみます。

≪目標≫ スモールマウスバス1匹

 

review

5年程前に、スモールを釣るため和歌山の某野池に通ったこともあったが、結局釣ることができずにいたので、いつか釣りたいと心に秘めていたものの、特に情報もなく年月が過ぎていたんですが、つい最近ネットで色々調べているとどうやら兵庫県の某リザーバーに生息しているという情報をキャッチしたので行ってみることにした。

【 エイチダム/兵庫県

f:id:abnormality:20160605215555j:plain

水質:マッディ(アオコ混じりの濁り)

水量:-10m

水温:19.6℃(BW18.5℃)

このダムに訪れるのは約4年ぶり。浮草が至る所にあって不快で、また水質もアオコ混じりなので汚らしく、とても飲料水として使用しているダムとは思えないような所なので敬遠していたのですが、スモールが釣れるとあらば行かぬわけにはいくまい。超ぉ~急な坂のスロープを必死の思いでフロボセットを運んで実釣開始。

一向にやむ気配の見せない雨の中、上流に向けてトップウォーター系のルアーを中心に使用して探っていく。しかしスモールはどういった場所に居てるのか・・・非常に回遊性が高いみたいなので、リバーチャンネルを利用しているのかもと事前に予想していたので、ショアからオフショアまでをしっかり魚探かけながら進んでいくが、魚影らしきものは映らない。なだらかなバンク沿いにはオダや立木があるが、目視で確認できるのは鯉のみ。その鯉もハタキ中みたいでショアラインは鯉の独壇場と化していた。

トップでは反応がなかったので、次にミドストやダウンショットを使用して中層から底にかけてを探っていく。そうこうしているうちに、BW近くまでやってきた。ラージなら雨で活性が上がって浮いてきてることが多いのに、ここまで見えバスはゼロ。ショアラインに遊歩道のあるエリアで1箇所だけ窪み?エグレてるといった方が正しいか。そういった場所があったので、エグレた奥の壁に当てるキャストで出来るだけ着水音を消した形で、エグレの中にダウンショットリグをブチ込んでいくと、明確なコツコツといういかにも食っている事がわかるバイト!一呼吸置いてから、スイープにフッキング。ジャンプでバスが掛かっていることを確信。あとはラージなのかスモールなのか。小振りなサイズやと思うがやたら引く。ボートの近くまで寄せてスモールがかかっていることを確認して、慎重にネットランディング。

1匹目(06:25)   27㌢

f:id:abnormality:20160605222744j:plain

≪TACKLE≫                                 ≪POINT

ROD  : ファイナルディメンション アンリミテッド265L

REEL : 10' ステラ2500S

LINE : シーガーフロロリミテッド 3lb.

LURE : ドライブクローラー3.5”(ブラック・レッドフレーク)/ DS1.2g

小さなサイズでしたが、ナイスファイト!ようやく初スモールGETです。

取り敢えず本日のミッションはコンプリートしたわけですが、あと残り時間はサイズを追い求めて釣りをしていきたいと思うわけです。そして禁断のBWへ行くわけですが、はっきり言ってこれは無い!確かスモールはラージ以上に濁りを嫌うというか視覚に頼った食い方をしているらしいので流石にド茶濁りはキツイ筈。おまけに自分の持って来ているルアーでこの轟々と流れるBWの攻略は無理・・・。

早々に折り返して、アウトサイドの岩盤エリアを丁寧に釣っていく。BWよりは濁りはマシやけどじっくり探っているうちに段々と茶濁りしてきた。んで、一度だけ5mの底にダウンショットを放置してたらコツコツというアタリがあったが、乗せることができず・・・それ以降アタリがなく。タイムリミットが迫ってきていたのでスロープまで戻ることに。戻りながらもスモラバやジャークベイト等で釣れる可能性を探ってみたが、特に反応もなく、再び地獄のスロープ坂をあがって納竿しました。

 

result

スモールを1匹釣るという目標は達成したので気持ちよく帰路につけたが、結局はスモールがどういったところに潜んでて、どういった釣り方が有効なのかといったパターンは見つけることが出来ませんでした。おそらく平時は、BWやBW手前のエリアに多く居てるのではないだろうかと予想をしてみるものの・・・てか、こんなに最高なレインコンディションやのに、BW手前くらいからしか生命感が無かったからね~。ここは一級スポットやろ~っていう川幅がチョークしている岬とか入念に魚探かけたけど全く魚の反応得られへんかったし。ベイトの動きやシーズナルも関係してくるとは思うけど、あの一級ポイントにベイト反応すらないとかボート出す意味ないやんと思いましたわ。今度来るときは陸っぱりで来ようかな。

日 時 : 6月5日(日) 04:30~09:30
天 候 : 雨
気 温 : 18℃
風 速 : 北東5~6m/s
潮 汐 : 大潮
釣 果 : 1匹(27)