読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Abnormality - Bass Fishing -

堺市在住の変態バスアングラーによる活動記録

津風呂湖デビュー

tactics

≪フィールド≫ 津風呂湖(奈良県吉野郡)

≪スタイル≫  レンタルボート(Myフットエレキ)

≪タックル≫  8本

f:id:abnormality:20160408192252p:plain

今年からメジャーフィールドを中心にやってみたいと思い、まずは比較的近場の津風呂湖をセレクト。スポーニング絡みの季節だけに、サイトの釣りになることを勘案してタックルセレクトし、デカバスオンリーで狙っていきます。

≪目標≫ 50UP

 

review

堺市から車で1時間の場所にあるにも関わらず、初釣行となる津風呂湖。
バス釣り大会も頻繁に開催されていて、関西でもメジャー中のメジャーフィールドである。
近年はバスの大型化が進んでいるみたいで、デカバスを釣りたい私としては、
是非とも行きたいと思っていたフィールドなので、
今年からフットエレキなどを新規導入したので、本格的に津風呂湖攻略をやってみようかと思います。

【津風呂湖/奈良県吉野郡】

f:id:abnormality:20160408192521j:plain

水質:ステイン(濁り気味?)

水量:ほぼ満水

水温:11~12℃

後輩と現地で早朝5時に待ち合わせをして、薄暗闇のなか準備にとりかかって出船。
まずは、香束筋の左から2番目のワンドで釣り開始。
(奥のワンドまでいくと白い家や釣り桟橋があるところ。)
ビッグベイトを中心にショアラインを流していくが、バスの姿は見当たらない。
ざっと奥まで見ていくが、時間的にも未だシャローには差していないのでしょう。
入口付近で中層3~5mラインに魚影が映っていたのを確認していたので、隣の筋とのインターセクション~その筋の入口付近に移動して中層をスイミングやシャッドを中心としたルアーを用いて探りをいれていく。

反応がないのでスポーツ公園のワンドへ。
津風呂湖看板下の岬から、そのストレッチにかけて探りをいれていく。
相変わらず魚影が映るのは3~5mライン。
ワカサギパターンを意識してミドストのみでプレッシャーがかかるのを避けるため、距離をとってのロングキャストで第一ブレイクの泳層や第二ブレイクの泳層と交互に探りをいれていく。
特に反応もなく、ストレッチに入ってから3つめワンド内のレイダウン下に見えバス発見。
40くらいのサイズ、サイトを試みるが無視されたので、奥へ。
奥にもレイダウンがあり、またまたその下にバス発見。
このバスは明らかにデカすぎるサイズで60近い。
2ヵ月連続の60を狙うため再びサイトを試みるが、このバス相当な天才君です・・・私の未熟なサイトの腕では太刀打ちできません・・・。
ただこの見えバスを含めて、今までの情報を整理するとワンド内のレイダウンにバスはついている可能性が高いことがわかったので、次のワンドに進入して距離をとってレイダウン下にミドストをぶちかましてみると、直ぐに反応がありました。

1匹目(7:31)   43㌢

f:id:abnormality:20160408192756j:plain

≪TACKLE≫

ROD :エクスプライド264UL+   
REEL:10'ステラ2500S
LINE:シーガーR18フロロリミテッド 3lb.
LURE:フラッシュJ 3"(プロブルー・シルバー)/ジグヘッド1/16oz

≪POINT≫

f:id:abnormality:20160408192858p:plain

来週の大潮にはスポーニングに入りそうなお腹ブリブリのメスバス。
よく引いて楽しめました。
さてさて、十分にヒントは得たのでこの後に続くワンドも同じ条件を探して釣り進んでいく。
しかしながら、上流というかワンドの奥に行くに従って、バスの姿が見当たらない。
ディープ隣接のワンド、そしてレイダウン等のストラクチャーが条件といった感じなんだろうか。
それにしても、気になるのは60近い個体。
スポーツ公園のもう一つ隣のストレッチを攻めてから、再度あのレイダウンワンドへ。
遠目からスモラバで狙ったり、食わせるのを優先で水面ピクピクをおみまいする等やってみたが、全く釣れず・・・。
粘り過ぎてプレッシャーをかけてしまったので、少し場を休ませるために鬼輪筋に行ってみる。

鬼輪筋と本流とのインターセクションから釣り開始。
2つ目のワンドまで流していくが、魚探を見ててもシャローを見渡しても生命感が感じられない。
中流のワンドはすっ飛ばして、上流まで一気に見に行くことにする。
しかしながら、ワカサギの群れはチラホラ映るもののバスの反応はなく、香束筋のパターンだったレイダウン下にはバスが居てないので、エリア間違いと判断して、一旦休憩とボート代支払いのために桟橋へ帰着する。

昼からの出艇は14時頃から残り約3時間。
ある程度バスの位置を掴んでいる香束筋へ向かう。
スポーツ公園の看板下岬から60ワンドを目指して流していく。
特に異常なく60ワンドへ差し掛かり、遠目からレイダウンを見ると・・・いるいる。
ワラワラと鯉にまみれてデカバス5匹くらいが群れています。
1匹でも頼むから反応してちょーだいと願いを込めて、サイトフィッシングを試みるがマジ天才達。追っても来ないヤル気ゼロ。
こいつらを食わせるイメージが湧かない・・・いどー。

香束筋の左端のワンドへ向かう途中の小規模ワンドに進入。
ワンド内にどんだけ居るねんというくらいに、鯉や鮒が居てる。
水中の色がおかしく見えるほどに埋め尽くす魚の群れ内にバスは居てないかと見渡すが居てなさそう。
このワンドはレイダウンあり~の浮きゴミは大量にあり~ので、明らかに着いてる可能性が高いポイントがあるので、そこに絞って狙っていく。がしかし、ここにいるバスもフィーディングに入っていないのか、全く食ってこない。
居てないのかな?と確認しに近くまで寄ると、普通に居てる・・・。
しかも、ブッシュの最奥に居てるとかどうやって攻めろというんや!カバー用のタックル持って来てないっちゅうねん。
そのワンドを出た岬でサスペンドシャッドのストップ&ゴーを試していると、バイト。
乗らない・・・次の岬でもシャッドを止めている時に、バイト。乗らない・・・。
その後は、この2バイトをえたのみ。朝の1匹で津風呂湖初釣行をフィニッシュしました。

                                   ≪滞在時間:05:30~16:30≫

result

初めてのフィールドとはいえ、1匹フィニッシュは納得いく結果ではありません。
今日は早い段階でキーを掴んでいたのにも関わらず、60近いバスが 気になり過ぎてサイトをメインとした遅い釣りを展開してしまった。まぁ~自分自身の悪い部分なんやけどダラダラと意味のないことをやってしまう癖があり、 今日はモロにそれが出てしまった。状況判断を一旦したのであれば、それを信じて続ける精神力と、例え違うパターンを探すとしても見切りのスピードをもっと 速くつける必要があったと反省。4月も数回訪れようと考えているので、この反省を活かして次こそビッグママと出会えるように頑張ります。

 

日 時 : 3月30日(水) 05:30~16:30
天 候 : 晴
気 温 : 3~17℃
風 速 : 西4m/s
潮 汐 : 小潮
釣 果 : 1匹


《内訳》
津風呂湖/奈良県吉野郡___1匹 (43)