読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Abnormality - Bass Fishing -

堺市在住の変態バスアングラーによる活動記録

トップ縛りは無謀?!

tactics

≪フィールド≫ 和泉市野池

≪スタイル≫  フローター+原付

≪タックル≫  2本

 f:id:abnormality:20160530210907p:plain

早朝のみ釣りが可能ということなので、手軽に原付フローターしに行こうと思う。場所は和泉市のフローター経験ある所に行こうと思う。狙いはアフター回復系に絞って、トップ系のルアーのみで勝負。

≪目標≫ アフター回復系1匹

 

review

朝起きて、腹痛のため出遅れて4時30分頃に出発。出遅れているので近場の堺市周辺にしようと思ったが、なんやかんやで和泉市の山奥にある昔フローター経験したことある所までやってきたのだが、池の大半が浮草だらけで浮くことが厳しい状態。次に目星をつけていた池へ移動。

【 エヌポンド/和泉市

f:id:abnormality:20160530210749j:plain

水質:ステイン(濁っている)

水量:満水

水温:23.8℃

この池は過去に数回訪れた経験あるが、池の規模はデカめやけどとにかく魚影が薄い印象で、今まで1匹しか釣ったことがなく苦手とする池だ。浮いている人を見かけたことはあるが、自分自身浮くのは初めて。満水なので入水ポイントがわからず、葦が密集するポイントから葦を掻き分けて無理矢理入水を試みる。水温が意外に高いので、シェードのバンク沿いを流していく。最初に使用するルアーは、クローラーベイトから投げていく。静かすぎる水面をゆっくりリトリーブする。カランコロンと絶妙な音をたてて、時には止めて食う間を作ってやったりするが、反応なし。

張り出した岬や、オダの沈むポイントなどではよりじっくり誘うために、ポッパーに切り替えて探っていくが、反応なし。

ワンドの奥などシェード側のバンク沿いをすべて撃ち流していくが全く反応どころか生命反応すらない状態。ここ水抜かれた?疑問に思ってスマホで調べたりしたけど何の情報もない。半信半疑のまま釣りをするのは癪やけど、次に折り返して反対側の陽のあたる側のバンクへ。

池を横断している途中に腹痛が、、、

腹痛を我慢して陽のあたる側バンクを流してみたものの、全く生命反応を感じることができず、たまらず上陸を決意。腹痛がやばいので時間もったいないけど納竿して帰宅しました。ちなみに、上陸しようと葦周辺に行ったとき、ふと水中を見ると元気に小バスが泳いでいる姿は確認したのでバスは居てるみたいですが、とにかく魚影薄いことを再確認しました。

 

result

当初行こうとしていたフィールドとは違うところでの釣りでしたが、トップ縛りは無謀だったか。明らかに水面はバスのレンジではなかった。また池の状態については帰り際の小バスしか確認していないので、全く把握できなかったが、アフター回復系がうようよしている感じは全くなく、この時期にここまで生命感が感じられないってことはヤバいところには違いないと思う。唯一確認しなかった堰堤方面ではもしかしたら、ネスト跡を確認できたり、バスの稚魚を確認できたりもしたかもしれないが。とにかく今回の釣行は無謀すぎた。

日 時 : 5月29日(日) 05:30~07:30
天 候 : 晴
気 温 : 21~24℃
風 速 : 北東2m/s
潮 汐 : 小潮
釣 果 : 坊主