Abnormality - Bass Fishing -

堺市在住の変態バスアングラーによる活動記録

ゴムボデビュー

 tactics

≪フィールド≫ 阪南市小規模リザーバー

≪スタイル≫  ゴムボート

≪タックル≫  5本

f:id:abnormality:20180419122019p:plain

夜間の野池襲撃用にゴムボートを購入したので、使い勝手を確かめるために早速使ってみる。ゴムボートなのでそれ程広いフィールドではなくて相性の良い某小規模リザーバーをセレクト。ここは例年スポーンの進行が遅いところやと思うのでプリ狙いのタックルを用意する。ミドストメインで反応が悪ければ水面ピクピクで表層に浮いてるバスもしくはダウンショットでレンジを落とすかして探っていきたいと思う。

≪目標≫ 50㌢以上1匹

 

review

昨日の晩から朝方までの天気予報では雨ということだったので、朝はいつもよりのんびり6時に現地着。誰も居ないなか、ゆっくりと準備をして出船。

ティーダム/阪南市

f:id:abnormality:20180419123042j:plain

水質:ステイン(白濁り)

水量:満水

水温:14℃

 

昨晩からの雨で全域いつもより白濁りが激しい。岬周辺から短い方の筋へ流していく。満水やからとにかく常にスキッピングでルアーを入れていかないと狙いの釣りが展開できないのが苦痛ですが、釣り始めて早速バイト!

1匹目(06:47)   25㌢

f:id:abnormality:20180419123730j:plain

≪TACKLE≫                                 

ROD  : 12' エクスプライド264UL+

REEL : 10'ステラ2500S

LINE : シーガーフロロリミテッド 4lb.

LURE : フラッシュJ 3"(プロブルー・シルバー)/ジグヘッド1/20oz

岩が絡むエリアで落ちパク的に釣れた。まだ陽も差しておらずパラパラと小雨がちらつく中なので小バスの活性は高い模様。奥まで行って折り返して反対側のストレッチを攻めていく。ミドストで反応がなくなりダウンショットで底まで落としての釣りに切り替えると早速反応が返ってくる。シャロ―ハンプになっている場所のブレイクでシェイクして誘っているとバイト。

2匹目(07:15)   25㌢

f:id:abnormality:20180419141102j:plain

≪TACKLE≫                                 

ROD  : 12' ポイズングロリアス164L

REEL : 16' アルデバランBFS-XG

LINE : デッドオアアライブ プレミアム パワースタウト 8lb.

LURE : ドライブクローラー3.5"(ウォーターメロン)/ダウンショット3/32oz

このサイズ・・・。連続チビバスげっとの流れを変えるためにルアーチェンジを敢行。これ以上チビバス連打したくないって思いと、濁りがきつくてルアーを見つけることが出来ないバスも多いのかなと考えて、ダウンショット⇒6インチストレートワームのネコリグにチェンジ。そしてミドストに使っていたルアーの色もチェンジしておく。さて中層~底にかけては攻めてみたが、表層は未だだったので長い方の筋からは水面ピクピクで攻めてみる。水面を誘っていると明らかにバスであろうシルエットが追ってきているのを確認出来るものの、惜しくもバイトには到らない。追ってきているバスの中にはそれなりのサイズも居てたので、表層を結構な時間粘ってみるも結果が出ない。メインの筋を全て攻め切るが釣れないので、もう一度短い方の筋に入る。この頃になるとバリバリの高気圧で釣れる気ナッシング。短い方の筋でも結果がでず、朝イチ以来封印していたミドストを使用。メイン筋の大きい方のワンド入口。岩盤が複雑に入り組んでいるエリアを中層スイミングで探っていると、久しぶりのバイトを得る。

3匹目(10:39)  30㌢ 

f:id:abnormality:20180419145106j:plain

≪TACKLE≫                                 

ROD  : 12' エクスプライド264UL+

REEL : 10'ステラ2500S

LINE : シーガーフロロリミテッド 4lb.

LURE : フラッシュJ 3"(ウォーターメロン・レッド)/ジグヘッド1/20oz

多少サイズは上がったといえ、この好ポイントでこのサイズ・・・。ここまでの釣果を踏まえて状況を考えてみると、朝から粘っていた水面ピクピクに反応していたのは多分ネストの雄ではないかと。濁りのせいでネストがあるのかないのかは不明やけど、この追ってきていたバスの中には、それなりのサイズの奴も居たわけで、だから粘ってたわけで、となるとポストスポーニング全盛期と考えるのならばデカバス達の活性が低いことにも納得がいく。そんな事を考えるにつれヤル気がなくなってくる。そうこうしてるうちに、高気圧バリバリいこーる風が出てきたので、スピナベ巻き巻きタイム突入。スピナベを巻きながらスロープに向かうことに。帰り途にてシェード+岩盤+レイダウンという好ポイントにて一匹追加。

4匹目(11:18)  25㌢

f:id:abnormality:20180419155055j:plain

≪TACKLE≫                                 

ROD  : ファイナルディメンションTS-168M

REEL : 07' メタニウムmg

LINE : シューター・デファイアー アルミーロ 13lb.

LURE : ハイピッチャー3/8oz(チャートバックアユ)

スピナベで釣れてもこのサイズ・・・。今日はとことん駄目な日だ。やる気もなくなったので納竿しました。

≪所要時間:6:30~11:30≫

 

result

failed

初のゴムボート釣行でしたが、改善しないといけない点にも気付くことができたので、その点については良かった。釣果については、いつも相性の良い釣り場なだけに不満の残る釣行だった。フル満水+濁りが入った状況で小バスの活性が高いという展開は、デカバス狙いをするには激ムズでした。

日 時 : 4月18日(水) 06:30~11:30
天 候 : 曇/晴
気 温 : 12~21℃
風 速 : 東2m/s
潮 汐 : 中潮
釣 果 : 4匹(25,25,30,25)