Abnormality - Bass Fishing -

堺市在住の変態バスアングラーによる活動記録

3年ぶりに倉庫から出してきたフローターで釣りをする

  tactics

field≫   泉南市 某小規模リザーバー

style≫  フローター(ZF145H)

tackle≫  4本

f:id:abnormality:20180611143422p:plain

 梅雨入りイコール爆釣シーズン到来。どこに行こうかと考え、エイチダムを選定。前回に3匹釣ったところです。今回は、サイズアップを求めてクローラーベイト等のある程度サイズある奴が食ってきそうなルアーを使っていくのと、釣れない場合は、手堅くヘビダンやネコリグで1匹ずつ拾っていく釣りをしたいと思う。今回も限られた時間しかないので、狙いは上流部とスロープ対岸の崩落エリアに絞って釣りをする。

target≫  2,000g

 

review

 午前3時に起床して、目的地へ車を走らせる。午前4時に現地着するも先行者が多数・・・。どうするか一瞬考え、当初の計画変更が余儀なくされるが、別のフィールドへ行くことを決意。車で10分程走ったところにある山奥のリザーバーへ。現地に着いて準備を進める。こっちは先行者1名のみ、超久しぶりのフローターフィッシングでスタート。

ティーダム/大阪府 阪南市

f:id:abnormality:20180611143536j:plain

水質:ステイン

水量:満水

水温:21℃

 ここのフィールドは、過去何度も訪れている所なので勝手知ったるなんたらですが、満水状態なのでオーバーハング攻略が鍵になってくるなか、今日持ってきてるタックルで攻めきれるか不安。

先行者の後を追うような釣りになるので、攻め方が被っていないであろうヘビダンでまずは様子を見ていく。

スロープ側のストレッチを流していき、2つの筋が合流するインターセクションの岬状になった所へショアにキャストして、フォール中にラインが走ったので少し間を置いてフッキング!

  

1匹目(05:09)   28㌢   300g

f:id:abnormality:20180611153527j:plain

≪TACKLE≫                                 

ROD  : 旧ポイズンアドレナ166MH

REEL : 07' メタニウムMG7

LINE : SUPER GTR 16lb.

LURE : エアバッグシャッド 3.5"(コサンアユ)+ヘビダン1/2oz

 幸先の良い一匹ですが、前回の釣行を思い返すかのように小さいサイズ。

ワームやとサイズが選べないかもと判断して、ある程度のサイズ以上を狙っていくためにも、早速クローラーベイトを投入していく。

この上流に向かって右側のストレッチは、左側と比べてオーバーハング攻めが多少マシなので、バンク際からきっちり引いてきやすいので釣りはしやすい。

そして、今にも雨が降り出しそうな曇り空やし、トップで出そうな雰囲気満々なんですが、ノーバイトどころかチェイスもなし。

その後、風が吹いてきたタイミングで、躱マイキーやスピナベで水面下~中層を巻く攻め方に変更しても、反応無し・・・今日は横の動きではないのかもしれない。

長い方の筋を攻めているんやけど先行者が前に居てるので、このまま同じようにトレースしてもプレッシャーかかってる状態になっているし釣れにくいと判断。

よりフレッシュな魚を求めて、反対側のストレッチへ移動し、今度はネコリグで撃っていくことに。

数撃ってデカい魚を捕っていく方針に切り替える。

バンク際に落としてステイし、反応無ければチョンチョンとシェイクしてブレイクを舐めるようにフォールで探ってある程度したら回収するという攻め方を試すことにする。

そして、良く釣れる岩エリアの少し手前らへんで明確なバイトを得て、すぅ~っとラインが走ったのを確認したのち、スイープにフッキングを試みる。

強烈な引きを制しながら、慎重にランディング。

 

2匹目(05:51)   43㌢   920g

f:id:abnormality:20180612112805j:plain

≪TACKLE≫                                 

ROD  : ポイズンアルティマ1610L-BFS

REEL : 16' アルデバランBFS-XG

LINE : デッドオアアライブ フロロ8lb.

LURE : ボウワーム 6"(アユ)+ネイルシンカー1/16oz

 完全回復個体のナイスなバス!

バンク際ギリギリにキャストしてステイさせている時のバイトでした。

その後、2匹目に釣れたパターンを再現すべく、その先にある本命ポイントの岩エリアや、続く岬から短い方の筋全てを丁寧に打ち込んでいったのだがノーバイト。

そして、もう1度2匹目が釣れたところに時間を空けて入り直すが反応無し。

思ったよりもプレッシャーが高くなっているのか、今日はただ単に魚の機嫌が悪いのか。

残り時間が迫ってくる中、スピナベで流しながらスロープまで帰還し納竿しました。

                                  ≪所要時間:05:00~08:00≫

 

result

total catch》  2fish

total weight》 1,220g

target achievement failed

 当初の計画とは違うフィールドでの実戦となり、予定が狂うなかでの僅か3時間の釣行でしたが、早い段階で魚には触れていたので目標達成は余裕やなと途中思っていたのですが、なんやかんやで朝の1時間位でパパっと釣れただけで、その後は無反応でした。高活性やと思いきや、終わってみれば低活性だったのかな?と思うくらい魚の居場所もそうですが、時間が経つにつれ釣れる気がしなくっていました。恐らく水中でも何らかの影響で状況は刻刻と変化していたのでしょうか。プレッシャーの問題もあると思いますが、釣ることの難しさを感じた釣行でした。

date

日 時 : 6月10日(日) 05:00~08:00

潮 汐 : 中潮

天 候 : 曇

f:id:abnormality:20180612114834p:plain

 

...

 

...

 

...

 

...

 

...