Abnormality - Bass Fishing -

堺市在住の変態バスアングラーによる活動記録

アーリーサマー突入

  tactics

field≫   紀の川市 某小規模リザーバー

style≫  フロートボート

tackle≫  4本

f:id:abnormality:20180603215640p:plain

 2週間前にも訪れた場所にもう再チャレンジしてみようと計画。前回は完全に攻略できず・・・バスの状態もアフターなのか何なのか不明で、また居場所も絞りにくい状況だっただけに、前回の釣行は参考程度に考えて攻め方を組み立てないと痛い目にあいそうなので真面目にタックルをチョイスしてみた。前回から約2週間経っているので、時期的に考えて本格的にアーリーサマーパターンに突入していると思われるので、この時期からメインとなってくる水面系のルアーを中心として広範囲に探っていき、要所のカバーではヘビダンを投入する予定。今回も昼前には家に帰らないといけないので短時間の釣行になる。真面目に釣りをしないと目標達成は難しそうです。

target≫  2,000g

 

review

 午前3時に起床して、目的地を目指して車を走らせる。午前4時過ぎの薄明かりの中、準備を進め出船。

【ワイダム/和歌山県 紀の川市

f:id:abnormality:20180603220011j:plain

水質:ステイン(濁り気味)

水量:ほぼ満水

水温:20℃

 先日からの連日の雨で花?浮き草?が大量に散ったみたいで、湖面はそれらの花びらで埋め尽くされており、トップメインの釣りがしたい私にとっては、非常にやりにくい状況。。

まずは、前回釣れた橋脚手前のストレッチから釣りを開始する。

ポッパーで様子を見ながらサーチをしていると早速チェイス

これは、食うかどうか寸前での見切りだった。

当初このチェイスは、フライを守っているオスかと思ったが、どうやら違うみたい(フライが居なかった)なので、現時点での活性は上向きなのか。

そのまま前回釣れた橋脚まで進み、慎重にポッパーをキャストして、ステイさせていると・・・。

ボフッと出てくれましたが、食いミス。

さらに続けてドカッ!!と覆い被さるくらいの迫力のバイト!

ゆっくり間を置いてみるが、これも食いミス。下手くそ~(笑)

ルアーサイズを落として水面ピクピクに切り替えると、これはこれでギルの大群に突っつき回されて、バスはどっかに行ってしまわれた様子。

場を休ませるために、ワンドの奥へ。

ワンド内では反応がなく、30分程時間を置いたのでそろそろかと思い、再び橋脚へ。

まずはポッパーを投入。

ステイさせていると、さっきの再現をしているかのようにドバーっと豪快なバイトを見せてくれるのだが、食いミス。

どんだけ食うの下手なバスやねん。。

そして、ルアーサイズを落とすとギルラッシュ(汗)そして、居なくなるバス。。

また場を休ませるのもアレなので、気持ちを切り替えて次へ行くことにします。

さて、ここまでの状況から考えるにキーワードは普段フィーディング場になりやすいシャロ―場が熱いのではないかということ。

頭の中には、上流部のハンプになってるエリアが思い浮かぶ。

その場所へ目指して大移動。

移動しながら要所要所をトップで、カバーが絡むところや岩盤エリアではヘビダンを投入していくが、反応皆無。

本命ポイントに到着してから、早速ポッパーをキャスト。

着水してステイさせていると、フッ!とルアーが消えたと思ったら、ラインが横に走っている。

フッキングが効いているのか微妙な展開なだけに慎重に跳ねさせないようにやりとりをしていると無念のフックオフ・・・。

ちょっと時間をかけてやりとりしすぎたか、強引にいけばよかったな~と反省。

ファイト中、5尾くらいのバスにスイッチ入って、HIT中のバスを追随してきていただけに、まだまだ他のバスも簡単に釣りやすい状況なのではないかと思う。

但し気になるのは、今日はポッパーでバイトはめちゃあって食わせにも成功したけども、未だにキャッチできていない事実があるということ(今更)

それとあともう1点問題があって、バスと一緒に居てるギルの猛攻をどのように避けて、バスのみをターゲットにして食わせるか。

状況的に朝まずめのフィーディングタイムなので、食わせる可能性は未だ残っているが、悠長に釣りはしていられない。

なんでかというとこのエリアは、今のところ水面まで陽は差しておらず全域シェードになっていて、活性が上がっているのだと思う。

たぶん陽が差し込みとフィーディングタイムは終了すると思われるので、一撃必殺レベルでバスを仕留めたい。

ベイトタックルを置いて、水面ピクピクに使用していたスピニングロッドに持ち替え、フックも細軸タイプに変更。

ワームもより浮く素材のものに変更。

そしてハンプの外側、ギルの溜まっていない場所にキャスト。

キャストしてロッドを軽く煽っていると、フッとルアーが水面に吸い込まれたのを確認し、一呼吸置いてからスイープにフッキングを試みる。

一投目でやったりました。ま~ま~いいサイズ。

存分にファイトを楽しんで、待望のバスGETです。

 

1匹目(07:03)   45㌢   940g

f:id:abnormality:20180603215554j:plain

≪TACKLE≫                                 

ROD  : バンタム264UL+

REEL : 10' ステラ2500HGS

LINE : バリバスプレミアムPE0.4号+R18フロロリミテッド4lb.

LURE : エアバッグフライ 3"(アユ)

 このエリアに居たフィーディングに入ってるであろうバスの中では、ボス的な奴を仕留めることが出来ました。(周りに追随してきてたやつは一回り小さい30~40センチくらい)

更にもう1尾追加を目論見ますが、外道のギルをGETしてしまい、時間を無駄にしてしまう。

そうこうしているうちに、恐れていた陽が差し込んでしまい、案の定フィーディング終了。

このエリアに来て20分くらいしか時間無かった。

あと少し到着が遅れていたら坊主やったかも。。。

って坊主のキーワードが出たということは、この後は何の見せ場もなくて、帰り際に橋脚も攻めてみたが、ギルのみで朝イチに居たバスはもぬけの殻でした。

時間的に片付けの時間も考えて納竿しました。

                                 ≪所要時間:04:30~08:30≫

 

result

total catch》  1fish

total weight》 940g

target achievement failed

 目標達成ならず。さて振り返ってみて、このリザーバーで見てみると既にオスはフライ離れしていて、一連の産卵の流れはひと段落ついているような状況。今日のバスの状態としては、明らかに目線は上でアーリーサマーな感じでした。釣れたポイントは、マズメ時の上流部ハンプのシャロ―で水面ピクピクで結果が出ました。こんな感じでトップに反応が良くなってきたら夏がやってきたなと実感します。あと6月は自分的に一番数釣りを含め、色んなルアーで釣れる時期だと思ってます。ビッグベイトで釣りたいな~次の目標はビッグベイトで釣ることにしようかな。

date

日 時 : 6月3日(日) 04:30~08:30

潮 汐 : 中潮

天 候 : 晴

f:id:abnormality:20180603220240p:plain

 

...

 

...

 

...

 

...