Abnormality - Bass Fishing -

堺市在住の変態バスアングラーによる活動記録

2018#1 極寒の合川ダム

tactics

≪フィールド≫ 和歌山県 合川ダム

≪スタイル≫  レンタルボート

≪タックル≫  7本

f:id:abnormality:20180222114022p:plain

2年前に60を釣ってから憑りつかれるかのようにこの寒い時期を選んで合川ダムへ今年もいきます。行けば100発100中で釣れる相性の良いフィールド。タックルは昨年とラインナップはほぼ変えずに構成。魚が浮いてることを祈ってアラバマメインで巻き巻きします。

≪目標≫ 60UP

 

review

6時30分頃に現地着し早速ボート屋さんに情報を仕入れるも最近全く釣れていないとのこと。また、例年では考えられないくらい水温が低くて、いつもこの時期くらいから魚の姿が見えだすんやけど、今年は全く魚の姿を見ていないとのこと。不安いっぱいのなかスタート。

 

合川ダム/和歌山県

f:id:abnormality:20180222114500j:plain

水質:全域 クリアー

水量:-5m

水温:下・中流4~6℃ 上流4℃

 

合川を攻めるうえで鉄板パターンであろう熊野川と前の川の合流部から釣り開始。昨年は全くといっていいほど、釣りをしなかったので確実に腕もタックルもなまくらになっている。ラインは全巻き替えしてリールはオイル注入した程度で特にオーバーホールもせず。アラバマリグをメインに据える戦略だが、使用ロッドのFDですが、腰が抜けつつあるのか狙いどころにうまくキャストが決まらない。調子を掴むためにも、アラバマリグを多投して熊野川をBWまで攻めるが生命反応ゼロリング。折り返して再び合流部とその先の岩盤エリアへ、今度はスピニングに持ち替えてミドストでネチネチ攻めてみるが反応なし。そのまま下流エリアまで流したが無反応。情報通り、魚の姿は全く見えず生命反応も皆無なので、一旦エリアを大きく移動することに。

エンジンで将軍側の古巨木エリアまで移動して、レンジを落としてビッグスピナベで攻めてみる。岩盤、ゴミ溜り等一級スポットにも魚は居てない。続いて3箇所入り乱れている岬周りも入念に攻め反応がなく、アウトサイドの岩盤エリアを中層ミドストで上流側へ流していく。特に生命反応がなく1個目のカーブを過ぎて核心部へ突入。ここらあたりから、多くは無いが小さいベイトフィッシュや大型ではアマゴやカニを目視できるようになってきた。バスは浮いてないが、1st~2stブレイクあたりで待ち構えて居てるはず。メインをビッグスピナベにチェンジし、要所でミドストというスタイルで、ボロ小屋がある大きなワンドまで流していく。ベイトは見えるようになってきたが、肝心のバスが全く見えてこないし、チェイスもない。今度は反対のストレッチを下流側に古巨木エリアまえ撃ち返していく。この頃になってきたらアラバマリグオンリーでストロングスタイル一辺倒の釣りであわよくば事故って釣れてくれないかな~神様お願いします~狙い。巨木エリアから再び上流方向へ流し返す。下流に行けば行くほどベイトが見えなくなってきたからというのが理由。岩盤から岩盤へポイントを絞って再度流し直す。そして2年前に60を釣った大きなワンド手前のブレイクを過ぎ、ワンドの入り口に差し掛かったところ、ドシャローを良く見ると魚が10匹程わんさかと群れている。鮒かなと近づくとなんとバス!!小バスばかりやったけど、正午を過ぎてようやくバスが浮いてきたか。このワンド全体がかなり沖まで段々畑な石積みが続いていて、冬でもベイトを求めて、ふらっと立ち寄り易くなっている一級ワンド。キーになってくるのは、どんなベイトを求めてるのか。デカい奴やと一発で腹一杯になるビッグベイト系がいいのか。それともアラバマみたいに小魚の群れを演出してやればいいのか。はたまたこの時期定番の焦らし系代表格のミドストか。いや、ここはあえて原点のフリックシェイクのジグヘッドワッキーでいってみようと思い、サイトをする気満々でワンドをくまなく探索。するとするとワンドの出口になる岬周辺にスクールっぽいのが、ちらっと見えたのでジグヘッドワッキーを投じると、2018年待望の初HIT!

必死に抵抗するバスの周りを悠々と20匹程のバスのスクールに遭遇!その中には50を余裕で超えるモンスターもいましたが、今は目の前に掛かっているバスちゃんとの格闘を楽しむ。

1匹目(13:12)   42㌢   1000g

f:id:abnormality:20180223200512j:plain

≪TACKLE≫                                 ≪POINT≫

ROD  : バンタム264UL+

REEL : 14'ステラ2500HGS

LINE : シーガーR18フロロリミテッド 4lb.

LURE : フリックシェイク4.8"/ 1/16ozジグヘッドワッキー

 

なんとか初バスGETに成功。しかしあの超絶スクールは何だったのか!そして、この後なんですが超絶スクールの残影にやられ、ワンドを入念にチェックしたが、遭遇することが叶わず。時間的にもそろそろ戻って下流を最後にチェックしたかったので、移動。下流は、昨年いい思いをしたアラバマ一辺投でやるが反応皆無。てか、下流も上流もそんなに水温変わらんし、これ水深のある下流で釣りをするのはキツイでしょ・・・現実的に釣れる気がせず16時30分に納竿しました。

≪所要時間:6:30~16:30≫

 

result

一日を振り返れば、偶然20匹程の超絶スクールに当たってその内の1匹が食ってくれた。ラッキーフィッシュに出会えた。たまたま釣れたという結果で、スクールに出会うことができなかったら確実に坊主でしたね。まぁ、ベイトが居てるからって理由で粘ってこのエリアで釣りをしていたことが良かったというのもあります。てか、この時期ではめずらしく冬に強いと言わている合川は極寒のフィールドに化していた。海釣りの方でも水温が例年より低いみたいで全く釣れていないと聞く。早く春が来て欲しいな・・・切実。

日 時 : 2月19日(月) 06:30~16:30
天 候 : 曇
気 温 : 1~7℃
風 速 : 北1m/s
潮 汐 : 中潮
釣 果 : 1匹(42)