読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Abnormality - Bass Fishing -

堺市在住の変態バスアングラーによる活動記録

ミス連発の七川ダム釣行

tactics

≪フィールド≫ 和歌山県 七川ダム

≪スタイル≫  フロートボート

≪タックル≫  5本

f:id:abnormality:20160701190420p:plain

6月の悪い釣果を断ち切るべく選択したフィールドは、和歌山県の秘境「七川ダム」行ったことが無い場所だが、メディアなどで見てるとデカバスを釣るには比較的イージーなイメージが強い。タックルもBWを攻めるのに必要なものと、最近の雨で流木が多いと予想してるので、フロッグゲームも視野にいれたのと、あとはサイズは選べないが確実にバスをストックしているであろう岬周辺を攻める為にダウンショットをチョイスしました。これであれば坊主は無いだろうし、あとはBWの爆発次第によっては50UPも獲っていければと考えています。

≪目標≫ 50UP

 

review

朝2時に家を出て現地に向かうが、向かっている途中にアクシデント・・・有田から南紀田辺までの高速区間が夜間工事のため通行止め。途中道に迷うなどし、なんと3時間半かかって現地着となり、幸先悪い展開でスタートすることになりました。

【 七川ダム/和歌山県

f:id:abnormality:20160701191731j:plain

水質:中流~下流 ステイン(白濁り) 上流 クリアー

水量:-13m

水温:中流~下流23℃ 上流21℃

どよ~んとした天気で今にも雨が降ってきそうな空模様の中、準備を済ませて出船。まず目指すのは古座川と平井川のインターセクションの岬。まず一投目は、いきなり岬の先端ド本命ポイントへ。いきなりダウンショットでまずは今日の活性具合を確かめていくことに。すると、早速ラインを伝わってロッドにも違和感が・・・。

1匹目(06:08)   30㌢

f:id:abnormality:20160701191717j:plain

≪TACKLE≫                                 ≪POINT

ROD  : ファイナルディメンション アンリミテッド265L

REEL : 10' ステラ2500S

LINE : シーガーフロロリミテッド 3lb.

LURE : ドライブクローラー3.5”(ブラック・レッドフレーク)/ DS1.2g

余計なプレッシャーを与える前に1匹目を早々にGETしておいて、後はデカバス狙いに専念できるようにしておく狙いでしたが、まさか1投目から釣れるとは・・・。今日は比較的イージーな日なのか。1匹目を釣ったのでここからはジョイクロマグナムで岬周辺をサーチしていく。しか~し反応ないというか濁りがきつくて後ろからついてきてるのかすらわからない状態のまま、古座川のBWに向けて進んでいく途中に、よさげな岩盤や地形などがあればジョイクロマグナムを投下するというスタイルでやっていくが、魚の反応がないまま上流域の流木密集エリアにやってくる。この先はモヤがかかっていて、幻想的な感じが漂っている。これを超えた先から水がクリーンアップしていることは想像に難くない筈。で、この流木エリアも絶対に狙い目なのでフロッグをキャストしつつ流木をかき分けながら突き進んでいく。すると流木の途切れ目で激しいボイル!チャーンスとばかりにフロッグをキャストすると、これがドンピシャバイト!竿に重みがのったのを確認してからフッキングを試みるがスッポ抜け・・・。むむ難しい・・・。ただこのボイルに留まらず、そこらじゅうでボッコボコやってますやん。次に、オープンエリアまで出て、水面ピクピクを試みるとこれまたバイト!これは確実に2匹目GETぉ~だったはずなんですが、やりとりの途中にフックオフ・・・。かかりが浅かったみたい。40そこそこのまぁまぁサイズやっただけに非常に残念。んで、これ以外にもジョイクロマグナムへのチェイスなどたくさんのバスからのアタックはあったのだが、結果。古座川BWではノーフィッシュ!!!最上流の到達したころには超カンカン照りの天気になってきて、雨やと思ってたからウェーダーを来ていた私は、汗まみれで熱中症になりそうやったんで、最上流の冷たい水の中に身体を入れてひと休みしてから下っていくことに。来たときに起こりまくっていたボイルがやんでいたのだが、依然として流木エリアでは時折ボイルが起こっている。ここで1匹釣ってやろうと粘ってフロッグを投げ続けるが、バイトが全く乗らない・・・。食ってきてるバスが小さいのか!?再び熱中症気味になってきたので、一旦下流のエントリーポイントまで戻って車で着替えることに。時刻はちょうど正午でここからの後半戦は、高気圧+濁りがきついということも勘案して、レンジを下げて探れるルアーで挑むことに。パイロットルアーとして選んだのはクランク。減水して岩盤が多いのでガツガツあててリアクションで魚をとっていく作戦だが、持って来ているクランクは全てシャロークランク・・・。少しでも潜るであろうクランクで次は平井川方面を攻めていく。ゴリゴリ巻いていくスタイルで挑んでいると、平井川と添野川のインターセクション手前のアウトサイド岩盤エリアでHIT!小バスながらも慎重にやりとしたが、かかりが後ろのフックのみでバレそうやなと思っていると、フックオフ・・・。久しぶりのバイトだっただけに残念。そしてそのまま添野川へ針路を進めていると、ちょうど古座川荘のボート桟橋対岸のエリアでまたまたHIT!ここはシェードになっていて小規模ながらもインレットになっているエリア+ガレ場という如何にもな場所だったので居てるだろうと確信していました。今度は慎重にやりとりして~の2匹目GETです。

2匹目(13:12)   33㌢

f:id:abnormality:20160701203556j:plain

≪TACKLE≫                                 ≪POINT

ROD  : ファイナルディメンション アンリミテッド166ML

REEL : 09' アルデバランg7

LINE : デッドオアアライブ・フロロ 8lb.

LURE : バンタム マクベス(パープルチャート)

居てるところには居てるといった教科書通りの釣れ方なんですが、サイズがこういう奴らばっかり。正直、半日流して来て40以下のバスのレンジは浅場に集中していることは実感していて、特に岩盤やガレ場にタイトに着いていることが多かったが、40以上のサイズになると朝イチのBWで確認した以外は全く姿を拝むことすらできていなかったので、やっぱりBW!BW狙いでそのまま添野川の最上流域に突入したかったのだが、先行者が。仕方がないので平井川BWへ。向かうまではデカめのペンシルベイトで岩盤をざっくりと攻めながらいくが、時折バイトしてくるのだが乗らない。やっぱりバスのサイズが小さいのですねー。

平井川もBW手前には濁りの境界線となる場所付近に流木が滞留しているエリアがあって、そこを再びフロッグで攻めてみる。バイトはあるのだが乗らない。バイトしてくるバスのサイズが小さいのかバイトが下手なのか、それともタックルバランスが悪いのか・・・。一向に乗せることができないのでそのまま最上流エリアまで、一度岸にフロボを上陸させて、素足で移動してじっくりとBWゲームを楽しむことに。投げるルアーはジョイクロマグナム!水質はジンクリアなのでバスがルアーを追ってくるのが見えて楽しいのだが、最終最後の詰めの部分であるバイトに至らない・・・。ルアーをリップルクローやアベンタクローラー等に代えて水面をバシャバシャやって誘ってみたりするのだが、次第に反応は薄れていきルアーへの反応が途絶えてしまう。雨もぱらついてきたのでBWを離れて折り返す。

帰り路は、ビッグペンシル一辺倒で中々フックアップしない小バスと戯れつつBIGバスのバイトを待ちながらエントリーポイントを目指す。そして、最後。

朝イチに釣った古座川と平井川のインターセクション岬。このダム一番のポイントで、ボイル発生!待ってましたとばかりに、ボイル専用にリグっておいたワームにちょん掛けしただけの自称ピョンピョンリグをキャストして、水面を早巻きして逃げ惑うベイトを演出してやると、激しくバイト!

3匹目(15:57)   20㌢

f:id:abnormality:20160701210449j:plain

≪TACKLE≫                                 ≪POINT

ROD  : 13' ポイズングロリアス2610L-S

REEL : 10' ステラC2500HGS

LINE : モーリス アバニ ライトゲーム PE0.4号 + シューター FCスナイパー 3.5lb.

LURE : ディッシュワーム3”(ウォーターメロンブルーギル)/NSマス針ちょん掛け

んも~このサイズしか居てません!!!

今日の僕ではこれ以上は無理~っぅ~ことでフィニッシュです。

 

result

最初のキャストと最後のキャストで釣れるというある意味、凄いことをやってやりましたが、結果はチビバスのみの釣果。朝イチのBWでは40超えクラスを掛けることには成功したが、とにかくバラシ多発で本気凹みアーンド自分の腕の無さを痛感しました。バラシのひとつの要因としては、水面ピクピクに使用していたフックが何故か太軸を使用していたことが原因で掛かりが浅かったことと、朝イチにフロッグで掛けられなかったのは、ラインの垂みを巻き取っていなかったという、ホンマに初歩的なところのミスが原因だったなと帰りの車の中で思い返し反省しました。次来たときは絶対リベンジしてやります!

日 時 : 6月30日(木) 06:00~16:00
天 候 : ほぼ快晴
気 温 : 25~32℃
風 速 : 北西3m/s
潮 汐 : 若潮
釣 果 : 3匹(30,33,20)