Abnormality - Bass Fishing -

堺市在住の変態バスアングラーによる活動記録

大雨後、濁りの紀ノ川

tactics

≪フィールド≫ 和歌山県紀ノ川

≪スタイル≫  フロートボート

≪タックル≫  5本

f:id:abnormality:20160623142037p:plain

前回、好調だった紀ノ川を早朝からじっくりと釣り込んでみたいと思いセレクト。好反応を示したスピナベは鉄板で使用するとして、あとは自分が使いたいと思うルアーのみを持って行く。基本スローでライトな釣りはナッシングで強気にガンガンやっていきたいと思う。

≪目標≫ 50UP

 

review

3時30分起床。前日に用意していた車に乗り込んで出発!目指すは紀ノ川だが途中腹が痛くなってPAに寄ったりなんやらで結局釣り開始は5時になってしまった。

【 紀ノ川/和歌山県

f:id:abnormality:20160623142605j:plain

水質:マッディ(ドチャ濁り)

水量:満水

水温:22.9℃

予想はしていたが、前日までの大雨の影響により真っ茶っ茶・・・後からわかったことやけど上に行けば特にひどい濁りでまだ最下流域は上流ほどの濁りでもなかったことから、先に結論というか釣りをするべき正解のポイントは最下流域だったな~とつくづく思うわけです。

さてさて、当日の釣行記です。まずはワンド内をストラクチャーの奥にフロッグをぶち込んでいく作業から開始するが、特に生命感を感じることができずワンドを離れ本流へ。本流のストレッチからは前回実績を残したスピナベを早くも投入して本日の魚の活性具合を確かめる作業に移行していく。すると2つ目のワンド入口に差し掛かったあたり、岸には葦が密生するロケーションなんやけどその葦に沿うようにスピナベをキャストして、ゆっくりと巻いていると、引ったくりバイト!

1匹目(05:18)   35㌢

f:id:abnormality:20160623142553j:plain

≪TACKLE≫                                 ≪POINT

ROD  : ファイナルディメンション TS-168M

REEL : 07' メタニウムmg

LINE : 二トロン ベイトタイプⅡ(緑)14lb.

LURE : Dゾーン3/8oz(ハス)

出艇して早々に掴んだ1匹目のバス!ということなので、今日も朝から幸先宜しい展開であります!この1匹で気を良くし、ここから続く本流のシャローバンクをひたすらクランクで探っていく展開でやっていく。これが今日やりたかった事の第一位だったのだが、このストレッチをクランクオンリーで攻めても全く反応が無かった・・・ので、ストラクチャーが豊富にある対岸へ移動してフロッグ撃ちをやってみることに。でもやっぱり反応が無く。。。今日は前日までの雨の影響で流れが強いということもあり、その流れを嫌ってヨドんでいるポイントにもしかしたら居てるかもと考え、ビッグベイトで反転流を攻めたりもしたがついてくるバスはおろか、後で近くに行って魚はいてるのかと確認したが居てたのは鯉のみという悲しい結果だった。現在までやってきてバスの居場所を判断するとしたら、1匹目のようにワンドのような流れを避けられるポイントが近くにあって且つ、本流に面した水通しのよいポイントということになるのだが、そういったポイントは少なくて、このあと上流に向けて遡上していくと考えると、やるべきはカバーの中にルアーをダイレクトに撃ちこんでいきながら様子をみるといった作業が正解かなと考えて、カバーを撃てるようにフロッグ⇒1/2ozテキサスに変更。

ビシバシとカバー奥をフリップで撃っていくのだが、反応ナッシング。遡上限界エリアまで撃ちつくし対岸を下りながら、再びテキサス。それとリップラップエリアではシャロークランク。テトラエリアではビッグベイトといったリアクション要素も取り入れながらバリエーション豊かにやっていくことに。あとルアーのボリュームを落として食わせの釣りというのも考えたが、流れが強いのでライトテキサスは使いづらいと判断して、テキサスは1/2ozのまま続行していく。しか~し本当に食いが渋い・・・濁りの影響がモロにでているのであろうが全く反応ナッシング!これは最下流域で勝負するしか仕方ないなぁ~と考えていると、昼から降る予報だった雨が強く降り出し、雨具の用意を家に忘れてきていたのもあり、全速でエントリーポイント近くのワンド周辺まで引き返してきた。バスが恋しくなっていたので実績のあるスピナベで最後は流しながら戻ったが、朝よりも濁りが酷くなっているようで反応なく、予定よりも少し早くに納竿しました。

 

 result

 そもそも雨が続いていたのに、なんで川へ行って釣りするねん!濁ってるに決まってるやろ!という突っ込みを今更ながらいれたいところだが、これも経験ということで。やはりというか雨の影響で流れが速く濁りのきつい川で釣るっていうのは、ボートポジションの維持も難しいし、ルアーの引き方も難しいし、ましてバスの居場所が全くわからなくて難易度はMAXって感じでした。朝の1匹については、タイミングが良かったと思います。またしても目標達成ならず。6月は渋い釣果になっていますが、来週こそは良い釣果をたたき出せるように頑張ります!

日 時 : 6月22日(水) 05:00~11:00
天 候 : 曇/雨
気 温 : 26~28℃
風 速 : 北東2~4m/s
潮 汐 : 中潮
釣 果 : 1匹(35)