読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Abnormality - Bass Fishing -

堺市在住の変態バスアングラーによる活動記録

代掻きの季節到来

tactics

≪フィールド≫ 堺市野池

≪スタイル≫  フローター+原付

≪タックル≫  2本

f:id:abnormality:20160620151036p:plain

前日の段階で雨が多く降った後の、天気予報は曇ということで水面系ルアーが爆発しそうな気もするということで、それを主に使用する予定。野池っちゅーことでオーバーハング、シャローカバーを攻めるのにベイトフィネスは欠かせない。原付移動なので、タックルを厳選せざるをえないが、なんとか価値ある1匹を絞り出したい。

≪目標≫ 50UP

 

review

夜も明けきらない早朝から、ホームの野池へ。

【 ホームエムポンド/堺市

f:id:abnormality:20160620205857j:plain

水質:ステイン(アオコ混じり)

水量:満水

水温:24.8℃

昨日は雨降ったけど、最近降水量が少ないのと代掻きの影響からなのかアオコ混じりの濁りで水質は非常に悪いように思える。この池、昔はクリアーに近い水質だったのが、近年の度重なる減水でウィードが消失してしまい、水質は常に悪化傾向である。それに伴ってバスの個体数も昔に比べてずいぶん減ったのではと思う。プレッシャーが高まっているのも要因ではあると思うが、ここ最近行っても悪い釣果になっていることは水質が一番に直結してるのではと思う。5年前とか以前はデカいやつ良く釣れるし数も釣れるしで、昔は通いに通ってこの池マスターしたで!と自負していたが、今では1匹釣るのもやっとって感じです。はい。

さて、今回は前回来たときと同じくフローターを導入して釣り開始。エントリーポイントから水門までの間をポッパーで探っていくが反応なし。水門周りにはスモラバをタイトにキャストして探っていくのだが、小バスが1匹釣れた(写真とろうとしたら手から滑ってバレタ・・・)のみで、デカいやつは留守の模様。そのままボイル?ハタキ?のあった小インレット方面へ。ここも大まかにはポッパーで攻めて、立木やカバーにはスモラバでゆっくり誘ったりするが、小バスorギルバイトのみ。続いて、枯れ立木が沈むポイントへ。遠目からポッパーで探るが反応なし。フォローでスモラバ反応なし。どちらのルアーも反応ないので、ポッパー⇒クラウンシャッド5.5'NS、スモラバ⇒フォールシェイカーのJHWにチェンジ。そのまま奥のワンドへオーバーハングをフォールシェイカ―で誘っていると。

1匹目(04:57)   20㌢

 f:id:abnormality:20160620205931j:plain

≪TACKLE≫                                  ≪POINT

ROD  : 12' ポイズングロリアス164L

REEL : 16' アルデバランBFS-LIMITED XG

LINE : デッドオアアライブ パワースタウト 8lb.

LURE : フォールシェイカー5'(グリーンパンプキン/レッドフレーク)+ジグヘッドワッキー

 案の定、チビバスでした。今日は低気圧でチビバスの活性は物凄い高いみたいです。チビバスを避けるためにもシャッドテールワームのNSで広範囲を攻めていく。またオダの沈むポイントや葦の生える要所ではポッパーに付け替えてゆっくり誘うが反応なし。

オーバーハングの続くストレッチから、もう一方のワンドまでを丹念に探るも反応がなく次の池に移動することに。

 

【 エヌポンド/堺市

f:id:abnormality:20160620210512j:plain

水質:クリアー

水量:満水

水温:24.6℃

 移動してきたのは、水質の良い野池。前回40UP釣れたしコンディションが良いと判断しての移動。ウィードが豊富な池で相変わらず水質はクリアーだが、若干代掻きが入っているのかインレット方面は水質が悪い感じ。

エントリーポイントからワンド方面へポッパーで流していく。そのワンドのシャローでポッパーに40クラスのバイトがあったが、上手く食えなかったのか乗らず去っていきはりました。折角の千載一遇のチャンスを不意にし、ワンドを後にする。

次は対岸のオーバーハングが続くストレッチを流していく。こっちは魚影が濃くフローターを進めていると子バスからデカバスまで見に来る。遊びで目の前にスモラバをキャストしてチョンチョンと誘うと、その内の一匹がバイト!

2匹目(07:26)   20㌢

f:id:abnormality:20160620211251j:plain

≪TACKLE≫                                  ≪POINT

ROD  : 12' ポイズングロリアス164L

REEL : 16' アルデバランBFS-LIMITED XG

LINE : デッドオアアライブ パワースタウト 8lb.

LURE : ドライブシュリンプ4.8'(モエビ)+スモラバ1/8oz(グリーンパンプキン)

この池でも取り敢えずの坊主回避。しかしながらデカいサイズを食わせることが出来ない。ていうかルアーへの追い・反応はすこぶるいいのだが、肝心の最終的な食わせには至らない。これってもしかしてポストスポーニング?!半プリのネスト絡みの可能性もある。なんしか食わせに至らない。奥のワンドは写真でもわかるように、ウィードジャングルで進入すら出来ない。攻めずらい。魚影は濃いんやけど難しい状況なので僅か1時間足らずで釣り納めしました。今日は用事もあるしゴーホームとなりました。

 

 result

 釣れはしたが、到底納得のいく結果ではなかった。敗因を分析すると今日は、アフターと代掻きのダブルパンチで活性が低かったように思う。期待した雨も降ることはなく寧ろ帰り際には晴れ間がのぞく状況で、産卵に絡んでいたバスからしたら怠~い感じだったのか。その反面、子バスやギルの活性は非常に高く。ライトリグで攻めるとコツコツと毎回反応を得れるくらいの勢いでした。こういった難しい時期でも食わせられる腕が欲しいとつくづく思った一日でした。

日 時 : 6月20日(月) 04:30~08:00
天 候 : 曇
気 温 : 24~28℃
風 速 : 南2m/s
潮 汐 : 大潮
釣 果 : 2匹

<内訳> エムポンド/堺市・・・20

     エヌポンド/堺市・・・20