Abnormality - Bass Fishing -

堺市在住の変態バスアングラーによる活動記録

強気な野池巡り

tactics

≪フィールド≫ 堺市野池

≪スタイル≫  陸っぱり+原付

≪タックル≫  2本

f:id:abnormality:20160610111929p:plain

梅雨シーズンインなので、アフター回復個体狙いで強気なタックルセレクトで挑む。前日に用意をしている段階では雨が降るかもとの予報やしなんとかなるか。ホーム以外の野池を素早くチェックしていきたいので原付&陸っぱりスタイルでいってきます。

≪目標≫ アフター回復個体1匹

 

review

仕事終わりに、原付で家から10分程にあるフィールドへ。

【 エイチポンド/堺市

水質:不明

水量:減水気味

水温:23.6℃

久しぶりに来たのでどないなってんのかわからないが、取りあえずスイムベイトで堰堤周りをチェック。特に反応もなかったので、取水塔周辺をテキサスで探っていく。流石に野池なので水深は浅く3/8ozのテキサスでは食わせというよりもリアクション要素が強すぎるのか食ってこない。池の大半が浮水草に覆われていて釣りにくい状況なので、スイムベイトは堰堤の一部しか引いてこれない。浮水草のポケットなんかにテキサスを放り込んでいくが反応ないため、次の池に移動。

 

【 ティービィーポンド/堺市

水質:不明

水量:やや減水

水温:23.8℃

インレット側の岸沿いを撃ちに行くため、藪漕ぎをして水辺まで降りていく。ここもさっきの池と同様に水草が池の半分を覆っている状態。んで岸沿いは蓮が生えているのでテキサスを撃ち込んでも水の中に落ちていかないといった感じなので、仕方がないのでポケットや蓮の周りを慎重に撃ち込んでいくが、反応が無い。

次に、インレットの逆側にあたるアウトレット堰堤方面に移動。ここは岸から1m程は超浅くトロロ藻地獄と化しているのでうかつに放り込んだら、ルアーが最悪な状態になる。そういったことに気をつけながらスイムベイトで簡単にチェックしていく。反応もなく、次に竹のレイダウンやブレイクになっているポイントへテキサスを撃ちにいく。しかしながら反応なしなので、再び堰堤をスイムベイトで流しなおし取水塔周辺を入念にチェックをいれるも、魚からの反応は全くなかったので移動。雨よ降ってくれ・・・。

 

 【 ティージーポンド/堺市

水質:不明

水量:やや減水

水温:24.4℃

次は、小移動してきて約15年ぶりの池にやってきた。ここは陸っぱりでは堰堤周辺しか出来ないところかつプレッシャーもそこそこ高めな池なので、あまり旨味もなく敬遠してきたが、目の前を通ったので寄ってみた。さっきの池よりも水温は1℃近く高い。水面系のルアーを引いてくると泡が残っていることからも水質は悪いのだろう。釣れる気がしないながらも堰堤を一通り水面系のルアーで流してきて、シャローカバーにテキサスを撃って反応もなく。雨降れよ!ばかやろ~と思いながら納竿しました。

 

 result

梅雨やし雨を期待しての強気な釣りを押し通したが狙いのアフター回復系バスが口を使うどころでは全くなく空振りに終わってしまった。水温も思ってたよりもやや高めで水中は怠ぅ~い感じなのでしょうか。とにかく場所のセレクトが悪いってのが一番の要因ではあると思います。

日 時 : 6月9日(木) 20:30~23:30
天 候 : 晴
気 温 : 26℃
風 速 : 北西3m/s
潮 汐 : 中潮
釣 果 : 0匹