Abnormality - Bass Fishing -

堺市在住の変態バスアングラーによる活動記録

仕事行く前にプカプカ

tactics

≪フィールド≫ 堺市野池

≪スタイル≫  フローター(ZF123C-T)+ 車

≪タックル≫  3本

f:id:abnormality:20160506114833p:plain

GWでプレッシャーは極限に達しているであろうことは想像に難くない。ということでビビりではなく本気で釣るためのライトリグを2種類とサーチ用にビッグベイトを用意。時期的に考えてもポスト~アフタースポーニングと思うので、1匹を釣ることすら厳しいかもしれない。でもその貴重な1匹に挑みます。

≪目標≫ とりあえず1匹

 

review

当初は、ナイトフローターを計画していたんやけど新月クールの大潮ということで月明かり無しの中を浮くのは流石に勇気がない。ということで明けて翌朝の仕事前にちょっくらプカプカ浮いてきました。

【 ホームエムポンド/堺市

f:id:abnormality:20160506211717j:plain

水質:ステイン(濁り気味)

水量:ほぼ満水

水温:18.9℃

最近、夜のピンスポ狙いで訪れていた慣れ親しんだホーム野池。直接来て見ては無いが、GW期間中は相当叩かれてプレッシャーが高まっているであろう、そんじょそこらの生半可な攻め方では釣れないと考えて、超ぉ~久しぶりに浮くことに。

堰堤側のワンドの岸沿いからアンブレラ/アラバマリグで撃っていく。攻め方としては底に一回つけてからスローに引いてくるというやり方。バスの目線は上を向いているのか下を向いているのかは分からないが、取りあえずは過去の経験+スローな横の動きで食わせを狙ってみるが、反応なし。

この池の水質は冬や春先はクリアーなんやけど、水深が浅いゆえ気温が高くなりかけるGWあたりから水中が貧酸素となりそれが一因して水が濁り、結果釣れにくくなる。おまけにスポーニング時期が絡んでよけーに難しくなる。そんな難しい状況やというのに、不覚にも偏光を家に忘れてしまって水中がどうなっているのか・・・ルアーに魚が追ってきてるのか・・・すらわからない。

サーチ用として使いたいのにサーチの役に立っていないアンブレラリグをやめて、前回の釣行時に活躍してくれたスモラバ君をショアラインに細かく撃っていく作戦に切り替える。インレットまで進んで反応なし。そのまま奥にある小さなインレットのあるワンドへ突き進む。ここはスーパードシャローだが、ゴm・・ストラクチャーが豊富なのでそこに着いてるバスはいねーかと探りをいれていく。

そしてこの日、初のオーバーハングへスキッピングでねじ込んで、ゆっくりとスイミングで誘っていると、引ったくりバイト!!

1匹目(05:41)   37㌢

f:id:abnormality:20160506211702j:plain

≪TACKLE≫                                  ≪POINT

ROD  : 12' ポイズングロリアス164L

REEL : 16' アルデバランBFS-LIMITED XG

LINE :  シーガーR18フロロリミテッド 7lb.

LURE : スモラバ1/8oz(赤黒)+ジャスターホッグ3.3”(グリーンパンプキン)

前回とそのままのタックルでまずは1匹目。カバーの中でフィーディング中やったんかな!?オスかメスかわからん君でした。てか、この時期はスモラバ以外釣れへんのちゃうんかと思うくらいに毎度良い仕事をしてくれます!

さて、1匹釣ったことなのでここからはアンブレラタイムといきたいところやけど、ここからは本命ポイントのワンドに入っていくので、極力場を荒らさずに慎重に魚を捕っていきたい。まずは大きくハンプしているスポットに立木が2本あるポイントで必殺フリックシェイクJHWを投下させるが際どいところを狙い過ぎて、1投目から立ち木に根掛かり・・・外そうと立ち木を迂回して反対側に回るも外れず。いつの間にか食い込んでしまっている。しゃーないので回収するため立ち木のすぐ傍まで行くはめに。

ポイント丸つぶれしたところで、次のポイントであるオダ(水中に沈む枝)の密集エリアに再びJHWをキャスト!!異常なし!

次はオーバーハングにスキップでぶちこむ。コンコンというバイト多発!!!ギルやぁ~・・・。

ええい!その奥のオダポイント!!ステイさせまくってると1/20ozが再び根掛かり・・・針の食い込み良すぎw勘弁して

で、これも外すために岸際によっていくと水面がざわついている。ふむ~これはフライボウル。ほんでよ~観察してるとフライの周りに親バスがついとるついとる。この池の状態はアフタースポーニングですねーってこいつが結構でかめで40後半くらいの個体。これのペアいうたら50クラスになるけど、この近くに居てはるかも。ということで、こっからはブレイク及びワンドの最深部らへんを狙ってアンブレラを投下しつづけるが食ってはこない。食い気はないのか?伝家の宝刀スモラバに切り替えるか考えたが、魚探も持ってきてないしこんなチンタラした釣りはやってられん。

てか最近、フローター用にこの魚探が欲しい。(フローター乗りの方は、PV見たら欲しくなるから見ないことをオススメします。)

さてその後は、ワンド出口の岬を入念に調べたり、再び立ち木ポイントを探りにいったり、インレットを撃ちにいったりしたが、反応もなく。仕事もあることなので納竿しました。

 

result

前回に続いて、短時間釣行でしたが目標である1匹GETはなんとか達することができました。ていうか久しぶりにホームで釣った。昔はよく釣れたんやけどなぁ~と思い出にふけってみましたが、確実にデカイのは居てる池です。いつかこのブログに池のヌシをUPしてみたいなと一瞬考えましたが、いつになることやら~。

日 時 : 5月6日(日) 05:00~07:00
天 候 : 曇
気 温 : 19℃
風 速 : 南西1m/s
潮 汐 : 大潮
釣 果 : 1匹(37)